会社の印鑑はとても重要

会社印鑑イメージ

会社を作ろうと考えている人にとってその準備というのはかなり大変だと聞きます。
提出するはずの書類の作成や会社になる場所を決めたり、あれをやって、これをやってと大忙しです。

実際個人でそれを行うのは大変だからと、税理士さんなどに依頼してその手続きを代行してもらうこともあるようですよ。
その方が性格に間違いがなく手続きが行えるので、こういった方法を採る人も多いのです。

そんな会社設立に関して重要なのはなんといってもお金です。
昔は株式会社設立に1000万円の資本金が必要でしたけど、新会社法というものが施行されてからは1円でも会社を設立することができるのです。

こんなに少ない金額で会社を興すことができますが、自分で会社を興した場合でも最低かかってくるお金は何十万単位であるんですよね。
法務局に支払うお金や定款の収入印紙代など、細かく見るといろいろあるのです。

そんな中で、会社の登録時に必要な会社の実印を含めた会社印を準備しておかなくてはいけません。
これはその印鑑のお店によって値段は違いますが、20万円程度と思っておくといいようですね。

法人での印鑑というと、角印(社印)などあまり馴染みのない印鑑も含まれます。
この角印は会社の顔になるものですから、本来はあってもなくてもいいようですけれど、ぜひ作っておくといいですよ。
領収書や請求書にこの角印が押されているのって、なんだかカッコいいですから。

こういった印鑑なども会社設立にかかる費用に入ってきています。
でも、会社の印鑑はとても重要なものです。
だからここはあまりケチった買い物をしないで、負担にならない程度にいいものを選べるといいですよね。

〔関連オススメ商品のご紹介〕

黒水牛や象牙、柘印鑑にぴったりの牛革ケースが大特価!
黒の牛革ケースに、朱竹柄の内張りが好相性で、高級感漂う印鑑ケースに仕上がっております。

高級牛革印鑑ケースをみてみる

ページの先頭へ