角印は会社の顔

角印イメージ

印鑑を準備しなくてはいけません。
来月、東京都にいよいよ会社を設立することになったからです。
いろいろと準備をしてきていますが、会社印だけは最後まで手を付けられずにいました。

やっと少し落ち着いてきたので、会社印も準備することになり、インターネットなどでどんなものがいいのか調べだしている最中です。
その印鑑も、私たちが個人で使う印鑑と同じ実印、銀行印、のほかに役職員なんていうのもあるんですよ。

そしてもうひとつが「角印」です。
「 社印」という方が正式のようですけど、四角い形から角印と呼ばれているんだそうです。

角印は一般的な書類や領収書、請求書などに頻繁に使われるんだそうです。
この角印というのは代表者印と違って役所などに登録する必要はないものです。

でも個人で言うところの認印のように非常に使用頻度も高いので、ひとつ作っておくといいよとアドバイスされました。
角印は会社、法人だけでなく、個人事業主や資格取得者、そしてその他の事業団体など示す重要な印鑑のひとつなんだそうです。

大きさは一般的には18mmから24mmの間で作られます。
会社名の文字数にも関わりますが、あとは好みで作るようですね。

イメージとしてはやっぱり、どーんと大きな角印が押してあるとなんだか迫力もありますし、格好もいいような気がします。
会社名とのバランスを見ながら決めますが、そうそう変えるものではありませんから、じっくり考えて決めていかないといけませんね。
だって、この角印というのは、会社の顔のようなものですから。

〔大活躍のオフィスグッズご紹介〕

膨大な量の書類も、キータッチ感覚でらくらく捺印できる「クイックスタンパー」。
郵便や名刺、敬弔用まで幅広い用途までお使いいただけます。
スタンプ台不要の浸透式スタンプなら、

ハンコヤドットコムの《サンビー館》へ

ページの先頭へ